Photograph of Today

日々思うことを綴る

大切な人へ声を届けよう

4月4日晴天の下、近畿大学の入学式でつんく♂さんが衝撃的な祝辞をした。

癌を患い、生きるため治療をし、その結果、声をなくした。その経験を重ねて祝辞をした。このニュースに僕を含め、ほとんど日本人が、驚きを隠せなかっただろう。

 

僕は祝辞を見たとき、瞳から涙が落ちた。

 


ここまでの人生はもしかしたら受け身だった人もいるかもしれません。
親が言うから・・・学校の先生がすすめたから・・・でも、もうすぐ皆さんは成人します。もう自分の人生を歩んで行くんです。後悔しても意味がないんです。今から進んでいくんです。
自分で決めて進んで行けば、絶対に何かを得、そしてまた次のチャンスへと繋がっていくんだと思います。私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。皆さんと一緒です。

こんな私だから出来る事。こんな私にしか出来ない事。そんな事をこれから考えながら生きていこうと思います。

皆さんもあなただから出来る事。あなたにしか出来ない事。それを追求すれば、学歴でもない、成績でもない、あなたの代わりでは無理なんだという人生が待っていると思います。

(一部抜粋)


 

こんな言葉は壮絶な経験をしていないと言えないだろう。

 

声を失った人が思っていること、考えていることなんていうのは、その人でしかわからないことだろう。

ただ、想像し考えることはできる。僕は、そのニュースを見たとき、自分がなったらどうなるのだろうと想像をしてしまった。そこでその祝辞を見て涙がこぼれてしまったのである。

 

手術の日は分かる。すなわち声がなくなる日は分かる。

それまでに、声がある残りの日々はどのような気持ちだったのだろうか。1ヶ月前、1週間前、1日前、1時間前、直前。そんなときどんなことを思うのか。そんなことを想像しながら祝辞を眺めていた。

大切な人に届けることも、大切な人との会話も、できなくなるのだ。将来生きていくためということでも、本当に本当につらいだろうなと、感じることはできた。

 

同時に、普通に話していること、大切な人に声を届けられること、大切な人と会話できること。そんなことが本当に幸せなんだと感じた。

言葉を武器にする人もいる。言葉で罵倒する人もいる。言葉でいじめをする人もいる。そんなことで、声を使うよりも人を幸せにする声を届けられる。そんな人になりたい。

 

もっともっと大切な人との会話や、大切な人へ届けられる声を、本当に大切に感謝して生きていこう。そう思える出来事であった。

 

https://instagram.com/p/1IiZW1mMCc/

Instagram

広告を非表示にする