読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Photograph of Today

日々思うことを綴る

戦争とは

人生 出来事 将来 旅行 生き方 生きる 視点 戦争

沖縄に久しぶりに行った。

タクシーを呼んで半日ツアーを組んでもらい、摩文仁の丘、ひめゆりの塔に行った。

戦後70周年ということもあり、前回の時よりも多くの方が来訪していたような気がする。今回は完全な私用だったため、タクシー運転手の方に案内していただき、いろいろ話を聞けた。

摩文仁の丘には、まだ刻まれ続ける方の名があり、沖縄には未だに不発弾が残っているという。戦後70年という長い月日が経過しても、傷は癒えず残り続けているんだなーと思った。

団体で行った際には、あまり詳細には聞けず、起こったことをただ他人事のように頭の中を通していたんだろうと、今となっては思う。

運転手の方は80過ぎの男性で沖縄戦のとき、沖縄にいたということらしい。そんな方から話を聞くと自分たちはどんなに良い時代に生きてきたのだろうかと思うほどだ。

 

そして私は衝撃的な場面に出会う。

運転手は一緒に沖縄を観光案内することはしても、ひめゆりの塔には滅多に行かないらしい。理由は教えてもらえなかったが、今回は特別に来ていただくことができ、そこで理由がわかった。一人で寂しく私が回っていたこと、よく沖縄戦のことを知りたがってたということで、特別に案内していただいたのだ。

ひめゆりの塔には、奥に行くと当時亡くなった女性の写真が飾られている。私はよくこんなに写真が残されているなと感心されていた。ふと運転手の方を見ると、ある女性の写真の前で立ち止まっており、懐かしいような目で見ている。

特に聞きはしなかったが、私はその方が運転手にとって特別な方なのだろうと知った。数分間は手を合わせ、祈っていた。まるで近況を報告するようにその場に立ち祈っていた。

戦争というものは本当に残酷なんだなと私は思うと同時に、当時の日本を生きてきた先代の方々が本当に辛かったんだろうなという心であった。

 

そんな先代の方達がその時代を強く生きてきたからこそ、豊かな私たちが生きているこの日本があるのだろう。

私たちは未来の子供たちにどんなことができるのだろうか、先代が苦しみながら築いてきた今の日本を引き継ぎ、今後はさらによりよい日本を築くためにはなにが必要なのか。

そんなことを考えさせられる旅になった。

https://instagram.com/p/83LL6xmMNy/

Instagram

 

広告を非表示にする